シンプルな記念写真は美しい彩りがあります


シンプルな生活が好き

こんにちは。札幌は新緑の季節になりましたね。今日は私の記念写真に対する取り組み方をお話ししてみたいと思います。私はものごとはシンプルであることが好きです。自身の生活や持ち物、考え方も行動もできるだけ簡素でいたいと思っています。物事が入り混じっている状態=混沌は頭の整理がつかず気持ちも定まらないと感じてしまうからなんですね。モノもできるだけ持たないようにして一度気に入って手にしたモノは最後の最後まで使い切る生活が私は好きです。

素朴さの中に記念写真の本当の良さがありますね

そんな私は記念写真もシンプルな描写の写真が好きです。写真の撮影は決まりがあるわけではありませんので自由なのですが、私は空いたスペースを見つけるたびにそこにさほど意味を持たないものを飾っていく、置いていくような写真は撮影していません。記念写真にとって大切な「間」やスペースがあることで写真を見る人の心にゆとりや余裕が生まれる、ほっとする記念写真になる、主題がぼやけず写真の本質がより見えると考えています。「なんともいえない良さがある」とお声がけ頂くことがありますが、それはお客様が素敵なのであって、私はその素敵さをお客様が意識されないうちに撮影させて頂いているだけなんですよ。
家族の写真

「だけ」を見ると記念写真の本質が見えてくる?

シンプルな記念写真の撮影はごまかしが効きませんのでカメラマンはちょっとしたことにも気を配ったり、お子様やご家族の本当の笑顔を頂くために様々な思慮が必要になります。Instagramを見たりネットサーフィン中に記念写真に出会うことがありますが、写真の主役は誰で、何をテーマにした写真なのかを見ていくと記念写真の見方がより面白くなっていくかもしれませんね。写真に写っている主役の赤ちゃんだけやご家族だけに注視すると、色々なモノに惑わされないでその記念写真の本質を見ることができるように思います。

兄弟の思い出

ぼくのお兄ちゃんはやさしいんだよ♫

「らしさ」が写っているのが好き

例えば100日写真の主役は赤ちゃん。描写はシンプルであればあるほどパパとママが本当に感じていたい心持ちや赤ちゃんへの情愛、そして「写真」が語りかけているメッセージがすっきりと見えてくるように思います。七五三も家族写真、入学入園、成人式の記念写真も同じです。パパとママはどんなまなざし?子供達はどんな表情?子供らしさや可愛い仕草など、そのご家族らしさとは?ということに向き合いながらOne & Only な記念写真を撮影させて頂けたらこんなに嬉しいことはありません。

寝顔

ねちゃいました。。

記念写真の彩りってなに?

フォトスタジオ石井は口コミでご来店下さるお客様に支えられています。「何年飾っても、ずっと見ていたくなる飽きない記念写真ですね」とお声がけを頂くことがたくさんあって本当に嬉しく思います。私はありのままの瞬間をシンプルに素朴に切り取った記念写真には「彩り」が刻まれているように感じます。「彩り」とは華やかな色彩を指すこともあるでしょう。でも私にとっての「彩り」とは優しい情景であったり、子供らしい無邪気な笑顔だったり、パパやママだけが知っているお子様の普段の表情だったり、有形無形の「情緒」のことです。どんなに華やかな色彩だって心のありようでモノトーンに見えることもありますね。逆に柔和で美しいモノクロームに色合いが見えてくることもあります。記念写真の彩りは物理的な色の組み合わせとか、作為的な演出ではなくて、見ている人の心が素敵な色を着けているのだと私は思うのです。彩りの豊かさを撮影するためにも私はシンプルな記念写真を撮影してこうと思います。何年経っても色褪せず心を和ませてくれる記念写真があるというのは本当に素敵なことだと私は思うのです。
庭の木


フォトスタジオ石井
札幌市北区屯田8条2丁目9-19 水・木定休日
電話 011-776-1070 営業時間(10:00〜18:00)
スタジオトップページ | スタジオ営業案内 | 写真ギャラリー

こんなブログもやってます♫
札幌発フォトスタジオ日記

Instagram、Facebookはこちら。
よろしければご覧になってみて下さい♪

Instagram  Facebook