投稿者「staff」のアーカイブ

ディープフォーカスのコツ


こんにちは!札幌は今日も秋晴れのいいお天気でしたね。今日はスナップで必須?の撮影方法についてお話してみたいと思います。

パンフォーカス、ディープフォーカスってなぁに?

パンフォーカス(パンフォーカスは和製英語で正式にはディープフォーカス)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。近景から遠景までピントが合った写真のことです。代表的なのは「写ルンです」ですね。ピント合わせの機能がないカメラはピントの合う範囲に被写体を置く、あまり近寄らないという撮影なら被写体にカメラを向けてシャッターを切るだけで全体的にピントのあった写真、いわゆる「ふつー」の写真?ボケを感じない写真を写すことができます。

「ピントが合っている範囲」のことを被写界深度と呼びますが、これはレンズが広角になればなるほど広くなり、絞りを絞れば絞るほど広くなります。

前置きはさておき、今日は被写界深度を上手く用いて、レンズに距離指標があれば自分でパンフォーカスカメラ作り出すことができますよ、というお話。

とにかくピント合わせを気にしないで写したい!

何かを撮影しようとした時、ピントなんか合わせてる場合じゃない、とにかく撮りたい、ピントを合わせることさえ煩わしい、という時ってありますよね。移りゆく人の流れ、走り去る車、状況が刻々と変わる街スナップで何かにカメラを向けて熱心にピントを合わせるうちに決定的な瞬間を逃してしまう、もたもたしているうちに本来求めていた撮影機会から遠ざかってしまうことってありますもんね。いいなと思ったら迷わず瞬間を写したい、ファインダーを覗くとか覗かないということさえ関係ない、そんなことを叶えてくれるのがパンフォーカス撮影。

パンフォーカス設定と暗記の語呂(笑)

パンフォーカスで写真を撮影したい時は、絞り値F8で次の距離にレンズのピントを合わせておけば、パンフォーカスを狙えます。

24ミリのレンズなら2.2m
28ミリなら2.9m
35ミリなら4.6m
50ミリなら9.6m
(※絞り値はいずれもF8)

24は2.2m、28は2.9m、35は4.6m、50mは9.6m

語呂:にいにの肉は白黒(じさくw)

35mmのレンズの場合は絞りをF8、レンズの距離指標を4.6mあたりにセットしておいて、4.6mの半分つまり2.3m以上被写体から離れてシャッターを押すだけ。何にも考える必要はありません。

レンズのピントリングをテープでとめちゃう!?

私の場合、恥ずかしい話、あまりにカメラやレンズのことを考えなさ過ぎて、いつの間にかピントリングが思いも寄らない方向に回ってしまうというミスも起こり得ます。それを防ぐために私はパーマセルテープでピントリングをとめてしまうことが沢山あります。なのでカメラバッグにはいつもパーマセルテープが入っています。

35mmのパンフォーカス設定

35mmレンズをパンフォーカスにセットして無造作にテープで固定してる図

まとめ

広角35mmレンズの場合をもう一度整理しておきますね。

  1. 絞りをF8に
  2. レンズの距離指標をおおよそ4.6mに
  3. カメラは絞り優先(Avモード)に
  4. もっと楽をしたい時はISOもオートに
  5. 被写体から目測で2.3m以上離れて写す

(※カメラは35ミリフルサイズまたは35ミリフィルムカメラが前提)

ちなみに私の25ミリ、35ミリ、45ミリにはパンフォーカスのためのピント位置に実はこっそり印をつけてあります。

Tessar 2.8/45のパンフォーカス指標は無限遠が甘い!?

京セラコンタックスのテッサー45mmにはパンフォーカスの為に純正で緑の印が付いているのですが、緑▲に合わせるとパンフォーカス?という感じで実はインフが甘いです。本来45ミリなら7.6mにピントを置いてF8で写すと3.8m~インフまで合焦する理論なので、きっと中距離(3m~10m程度)の合焦を目安に設計してあるのだと思います。純正のパンフォーカスの緑マークに合わせてF8で写すと遠くの山は「鷹の目」にはならずボヤけます。 ということで純正マークとは別にレンズの距離指標の7.6mあたりに自前のマークを着けてあります。

tesser2.8/45

テッサーのパンフォーカスの緑マークは便利ですがインフは甘い

パンフォーカスは巷でいうボケフォトとは対極にある撮影方法ですが、オールドレンズや距離指標のある広角レンズを用いた撮影では軽快そのもの、画質も上々。なんでもかんでもボケフォト全盛?の昨今ですがごまかしが効かないパンフォーカスは事実をそのまま紡げるような、時に客観性と親和性が混在するような面白さがあるように感じています。


フォトスタジオ石井のインスタグラムではスタジオ撮影やロケーション撮影の写真、カメラマンの日々のスナップ写真などを毎日ポストしています。ぜひご覧になってみて下さい。

フォトスタジオ石井のインスタ

フォトスタジオ石井のインスタ♪

https://www.instagram.com/studio.ishii/


フォトスタジオ石井の新型コロナウイルス対策はこちら


フォトスタジオ石井・石井写真館
札幌市北区屯田8条2丁目9-19
水曜日と木曜日は受付業務(電話受付、ご注文など)はお休みですが、ご予約のお客様の撮影は通常どおりさせて頂いております。ぜひご予約下さいね♪
電話 011-776-1070
営業時間(10:00〜18:00)
スタジオトップページ | スタジオ営業案内 | 写真ギャラリー

Instagram  Facebook  Twitter

 


カメラマンのカメラ


こんにちは!札幌は秋風が吹き始めましたね。食べ物が美味しい季節の到来です。久しぶりのブログ更新です。今日は時折DMでカメラの質問を頂きますのでとめもなく綴ってみようかなと思います。

カメラマンが使っているカメラはなぁに?

しばしばSNSのDM等で「カメラは何を愛用しているのですか?」とご質問を頂くことがあります。インスタの投稿ではサブジェクトと一緒にレンズ名を載せていますが、2021年現在の自分の備忘録としてここに書いておこうと思います。

EOS-1DX・EOS-5DⅢ・EOS-R・EOS-RP・EOS-Kiss M・Leica M TYP240-MP・Leika M TYP262

この辺が今現在いつも撮影で使うカメラになります。ミラーレス以外のカメラは結構旧型ですw けど買い換える必要性を感じていません。1DXは2022年11月にメンテナンスのサポートが打ち切りになるのでオーバーホールに出してシャッターから外装からあらゆる部品の交換修理をしてもらいました。EOS-5DⅢは2024年3月に打ち切りですのでギリギリにオーバーホールに出すのだw

仕事以外では大きなカメラ、重いカメラは私は持ち歩くことはありません。カメラを持って街角のなんてことのない風景を写すのが好きなので軽くて小さいというのは立派な性能なのかなと感じています。カメラの存在を忘れたい、カメラと共に風景に同化したいという感じでしょうか。

EOS-RPとLeica-MP

小型軽量は性能の一部ですね(EOS-RPとLeica-MP)

撮って出しでカメラとレンズの素性を楽しむ

写真の楽しみ方は色々なスタイルがあっていいと思います。輝度彩度に変化をつけてみたりコントラストや濃度を変えてみたり、はたまた失敗写真?の救済に画像加工処理を当てがってみたり、デジタルカメラの恩恵は本当に素晴らしいですね。私はというと、写した写真はあまり加工することはありません。カメラの設定も画像に関しては出荷状態のままです。あ、カメラの最新機能も全然設定していませんw 足りてるので使わないから分からない、なので余計に使わないというループ。 Canonさんのカメラの場合は露出補正やISOの設定ボタンを操作しやすいように任意の位置に割り当てるくらいかな。

赤とんぼの写真

EOS-RP + RF35mm F1,8 STM

 

慣れ合わない、が心地いい

私たちが日常目にするものはありふれていて気にもとめないことばかり。小さな子供の頃は目にうつるもの全てが新鮮で触ってみたり眺めてみたり、みんなそうだったのにね、いつのまにか「あたりまえ」に慣れてしまうんだ。人の営みには慣れることで楽しめること、熟達できることもあるでしょう。だからそれは自然なことなんだけど、同時に自分の中で何かを失っていないかと写真を見返して思うことがあるよ。不慣れっていい言葉なんじゃないかな。オマージュがそこにはあってさ、敬意に値することを見逃さないで大切にできるもんね。

Leica TYP240-MP + Distagon 1.4/35 ZMの写真

Leica TYP240-MP + Distagon 1.4/35 ZM

Leica 240と262にはWi-Fiがない!?

ところでLeica TYP240と262にはWi-FiがないのでWi-Fi機能が付いているSDカードを使っていますが、これがなかなかの電池食いでして、そこそこ不便を強いられています。ブログを書くにもちょいと儀式を踏まないとパッパとはいかないのですが差し引いてあまりあるものがあるなら不便さに慣れてしまえばいいだけなのさと言っておきましょう。その辺のお話はまた次回にw

久しぶりのブログ、、楽しいけれど書き慣れていないので疲れますね、少しタバコでも吸ってぼんやりしようw


フォトスタジオ石井のインスタグラムではスタジオ撮影やロケーション撮影の写真、カメラマンの日々のスナップ写真などを毎日ポストしています。ぜひご覧になってみて下さい。

フォトスタジオ石井のインスタ

フォトスタジオ石井のインスタ♪

https://www.instagram.com/studio.ishii/


フォトスタジオ石井の新型コロナウイルス対策はこちら


フォトスタジオ石井・石井写真館
札幌市北区屯田8条2丁目9-19
水曜日と木曜日は受付業務(電話受付、ご注文など)はお休みですが、ご予約のお客様の撮影は通常どおりさせて頂いております。ぜひご予約下さいね♪
電話 011-776-1070
営業時間(10:00〜18:00)
スタジオトップページ | スタジオ営業案内 | 写真ギャラリー

Instagram  Facebook  Twitter

 


Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50で紡ぐ


Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50がお気に入り

ライカMマウント用のレンズは長い歴史の中で本当にたくさんのレンズがあるのですが、私はZeiss C Sonnar T* 1.5/50(ツァイス ゾナー 50mm F1.5)を常用レンズにしています。カメラはCanonのフルサイズミラーレスで最軽量のEOS RP。マウントアダプターを介しての撮影です。

Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

軽快そのもの Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

小さくて軽いことはいいことです。心地よい街スナップや風景撮影をしたいとき私はカメラやレンズのことなど忘れていたいです。それは重さであったり操作性だったりするのですが、見たままを素早く撮りたいので機材はできるだけ軽くて操作性がシンプルなものが好きです。小気味よいシャッターフィーリングで撮影枚数が増えていくような軽快さがいいなぁ。

猫の写真

猫ちゃんが佇んでいました。 Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

古き良き時代の復刻版 C Sonnar

今どきのレンズはどれも高画質で素晴らしい描写のレンズが多いですね。このZeiss C Sonnar T* 1.5/50は設計そのものは相当古くて、Opton Sonnarと呼ばれる昔のレンズの復刻版です。かのロバート・キャパは1944年のD-dayの時にはすでに使っていたと言われています。巷ではオールドレンズの破綻した描写も人気があって私もいいなぁと思うのですが、Zeiss C Sonnar T* 1.5/50は簡単には破綻しないような描写力があって、それでいて現代レンズとは明らかに違うユルさがあって張り詰めていない感じがします。何よりも被写体の立体感の描写はツァイスのそれでとても気に入っています。

お庭のギルアード。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

去年もお庭の紅葉が綺麗でした。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

ライカMマウントレンズの魅力

カメラに関しては、普段持ち歩いてお気に入りの風景に出会った時、気軽に撮影するために私が使いたいのは「軽いフルサイズ」です。キヤノンさんもニコンさんもソニーさんも最近はミラーレスのフルサイズをどんどん開発して素敵なカメラが増えてきました。ミラーレス一眼はその構造特性上小型化が進んでいますね。レンズに関しては少しサイズが肥大化してきているように感じる昨今、ライカMマウント用のレンズはとてもコンパクトでスナップには最適だと思っています。Zeiss C Sonnar T* 1.5/50はレンジファインダー用のレンズですから被写体に寄れないとか、なんともイマドキではないのですが「写り」は私にとって妙に腑に落ちる優しい描写なんですよね。

おチビちゃんとお月見。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

レンズは絵筆のように色々あってカタログスペックだけではないところが楽しいな。気持ちでどんどん紡ぐ私にとってレンズの良し悪しは自分との親和性。読むと結構面白い巷のレビューはほどほどに眺める感じです。深堀りするとハマるのが「レンズ沼」。いやしかし嫌いではありません。

家路。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50


フォトスタジオ石井のインスタグラムではスタジオ撮影やロケーション撮影の写真、カメラマンの日々のスナップ写真などを毎日ポストしています。ぜひご覧になってみて下さい。

フォトスタジオ石井のInstagram

 

https://www.instagram.com/studio.ishii/


フォトスタジオ石井の新型コロナウイルス対策はこちら


フォトスタジオ石井・石井写真館
札幌市北区屯田8条2丁目9-19
水曜日と木曜日は受付業務(電話受付、ご注文など)はお休みですが、ご予約のお客様の撮影は通常どおりさせて頂いておりますのでぜひご予約下さいね♪
電話 011-776-1070
営業時間(10:00〜18:00)
スタジオトップページ | スタジオ営業案内 | 写真ギャラリー

SNSはこちら♪

Instagram  Facebook  Twitter