投稿者「staff」のアーカイブ

色褪せない想い


札幌もついに雪が降りましたね。札幌の今年の初雪は128年間で最も遅かったようですね。寒さが厳しい季節になってきましたけど、冬には冬の楽しみが待っていますね。先日、大切にしているカメラを見て色々なことを想いながら珈琲で休憩をしました。今日はそんなことを綴ってみたいと思います。

僕が写真を覚えたカメラ

Canon-NewF1とFD50mm F1.4。レンズはニューヨークで買いました。僕は50mmと35mmの単焦点レンズで写真を学びました。最初は写真のことは全く知りませんでした。毎日モノクロで撮影しては自分で現像して、暗室で一枚一枚の写真に気の遠くなるような時間をかけてプリントをしていました。印画紙に自分が写した写真が浮かび上がってくるのが嬉しくて楽しくてもっと上手に、もっと綺麗にと思いながら写真作りに没頭していました。理にかなった撮影をして、きちんとしたネガを作れば、プリントの技術を磨けば、カメラもフィルムも印画紙も応えてくれることを学び得ました。

Canon_New_F1

Canon New F1。僕の大切なカメラです。

このカメラは24年前から毎日毎日、上手くいく日も全然ダメな日もずっと一緒でした。僕さえしっかりしていれば、この子は確実で素晴らしい描写をしてくれる名機でした。
F1のシャッター

ワインダーじゃなくて本体のシャッターにいつも人差し指を添えていたよ。

塗装が剥がれていて真鍮が出ている部分は僕が常に手を添えていた部分です。撮影が終わるたびにブロアをかけて磨いてね、雑に扱うのが嫌で、大切に大切していました。だから不用意に付けた凹みやキズは一切ありません。僕が好きな写真を撮るために、やっと手元に来てくれた憧れのカメラでした。

カメラの角

巻き上げの角は親指で擦れたよ。

欲しいものは少しでいいんだ

僕は小さな頃から、例えばオモチャを買ってもらったらそれでずっと飽きることなく遊べる子どもでした。だから今でも当時どんなモノをどのくらい持っていて、誰が買い与えてくれて、それでどうやって遊んでいたか、だいたい覚えています。モノをねだることがあまり無かった僕ですが、欲しいモノが無かったわけではありません。欲しいと思っても考えているうちにやっぱりいらないと思えるもの、何度考えてもやっぱり諦められずに本当に欲しいと思うものが見えてきて、我慢をしていたというよりも、最初からあれこれいらなかったのかもしれません。だから本当に欲しかったものや好きなことを手にしたらずっと遊んでいたんだと思います。僕が欲しいのはものじゃないんです。想いや気持ちが色褪せることは半ば何かを失うようで寂しく感じていたんだと思います。

大切なことを大切にしたい僕の想い

好きなもの、好きな人には近くにいて欲しくなりますよね。でもいつまでも手元にあると思って気に留めない?必要な時だけ応えてくれたらそれでいいのかな。流行に飲まれない、時代のものじゃない人の気持ちも、お気に入りの物も、写真も同じです。写真が時を経るごとにどんどんたからものになって、愛おしく感じるのはそこに想いがあるからですよね。だから想い一杯でシャッターを切って、僕と一緒に気持ちを繋いで歩んでくれて、僕に応えてくれたカメラもね、ずっと、ずっと、いつまでも大切にするんだ。カメラも嬉しいかな、そうだと嬉しいな。

カメラの刻印

名前も刻印してあるよ。すっと大切にする誓い。僕だけのカメラ。


石井写真館からのお知らせ|通常営業開始します


通常営業のお知らせ|石井写真館(フォトスタジオ石井)

平素は石井写真館(フォトスタジオ石井)に多大なるご高配を賜り誠にありがとうございます。この度の地震で被災されている全ての方に、心からお見舞いを申し上げます。

本日9月8日(土)石井写真館(フォトスタジオ石井)では電力と通信設備の全てが復旧いたしました。現時点では、スタジオは安定的に電力供給がされておりますので、本日より通常営業をさせて頂きます。

昨日より、本日撮影のご予約を頂いているお客様に順次ご連絡を申し上げておりますが、このような状況ですので当然、電話が不通のお客様もいらっしゃいます。ご連絡が不通のお客様はご予約のお時間には撮影準備を整えてお待ちしておりますが、ご都合もおありと存じますのでお客様のご都合で全く構いません。皆さまの安否だけを心配しております。

なお、震災の影響により納品等が遅滞しておりますが善処策を鋭意進めております。納品をお待ちのお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

末筆ながら、温かい励ましのお言葉をたくさん頂戴し感謝申し上げます。北海道の復旧に尽力頂いている全ての方に、そして今なお困難に直面されている全ての方に心よりエールを送ります。私たちも写真館として出来ることに真摯に取り組んで参りたいと存じます。

平成30年9月8日土曜日 08:00 記

フォトスタジオ石井

代表 石井 圭一 拝


思い出の記念写真は楽しく残そう


今年の札幌の夏は涼しかったですね。みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?今日は我が家での思い出の写真の保存方法をご紹介します。

撮影した記念写真のゆくえ

写真撮影はデジタル機器とSNSの普及でとても身近になりましたね。皆さんは写真撮影した後にデータをどのようにしていますか? 昔はフィルムで撮影して現像と同時にプリントして、写真が写真プリントという「実体」として手元に残りました。今は個人で撮影した写真を写真集にしたりプリントしたりする人は少ないかもしれませんね。ほとんどの方はデバイス(カメラ、スマホ、PCなど)にそのまま保存されているのではないでしょうか?

帯広畜産大

この夏は一泊で帯広に家族旅行をしました♪

思い出の記念写真をプリントで残す

世の中はペーパーレスの時代です。写真も書籍もニュースメディアも。でも写真をプリントして手元に残しておくのは、何かのデバイスを通じて見ることと少し意味合いが違います。え?そんな事をしなくてもスマホで見ればいいじゃないと思いますよね。でも違うんです。アルバムで見るのとスマホで見るのとでは、写真を見たときに心がほっこりする感覚が全然違うんですよね。これは不思議ですね。一昔前の家族や友人が写す写真は、上手い下手はあまり関係なくて、多少ピンぼけでも、色が良くなくても、その時撮影した写真が現像と同時にプリントされて手元にあることがごく自然なことだったように思います。懐かしいのは「さぁ写真を撮ろう!」とカメラを出してきては電池がないとか、フィルムがないとか、そういう時代でしたね。で、富士フィルムさんの「写ルンです」が大流行しましたよね。

馬の写真

かわいいお馬の写真が撮れました♪

記念写真アルバムはたからもの

思い出の記念写真をかたちとして残すのはどのようなスタイルでも構わないと私は思います。例えば自宅のインクジェットプリンターで記念写真をプリントするのもありですし、写真屋さんでプリントをするのもあり。我が家では今、昔のアルバムをひもといて写真の整理を少しずつ進めています。普段はスマホやデジカメで撮影している写真も、残したい写真を選んでプリントしてアルバムに貼っています。我が家では写真アルバムはどんなに時代が進んでも変わらない大切なたからものなんです。

ジンギスカンの写真

美味しいジンギスカンを頂きました♪もちろん写真プリントします♪

ちょっとした写真を残すことの大切さ

みなさんも子供の頃の写真が家にありますよね。親御様と写っている記念写真、親戚との記念写真、友達との集合写真など。写真はどのような写真であれ撮影者が写っている人を見ていた「まなざし」そのものです。そこには自分に向けられたまなざしが後から自分で感じられる温かさがあります。今はデジタルの時代になりましたが、デバイス保存のままで10年先、20年先、写真の価値が増してくるころ、忘れていたころに「こんな写真が出てきたよ!」って写真を見て家族で笑ったり、懐かしむことができるでしょうか。家族写真、子供写真を子供達や孫たちと楽しみながら眺めて家族史、自分史を残していくことができるでしょうか。少し大げさかもしれませんが、私たち世代はそういう岐路に立っている世代なのかもしれませんね。

トマトの写真

札幌に帰ってきたらお庭に面白いトマトが出来ていましたw 我が家の記念写真アルバム行き決定です♪