写真のお話」カテゴリーアーカイブ

フォトスタジオ石井のカメラマンが写真のお話をするカテゴリーです。撮影方法やおすすめのコツなどを楽しく書いてみたいと思います♪

Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50で紡ぐ


Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50がお気に入り

ライカMマウント用のレンズは長い歴史の中で本当にたくさんのレンズがあるのですが、私はZeiss C Sonnar T* 1.5/50(ツァイス ゾナー 50mm F1.5)を常用レンズにしています。カメラはCanonのフルサイズミラーレスで最軽量のEOS RP。マウントアダプターを介しての撮影です。

Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

軽快そのもの Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

小さくて軽いことはいいことです。心地よい街スナップや風景撮影をしたいとき私はカメラやレンズのことなど忘れていたいです。それは重さであったり操作性だったりするのですが、見たままを素早く撮りたいので機材はできるだけ軽くて操作性がシンプルなものが好きです。小気味よいシャッターフィーリングで撮影枚数が増えていくような軽快さがいいなぁ。

猫の写真

猫ちゃんが佇んでいました。 Carl  Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

古き良き時代の復刻版 C Sonnar

今どきのレンズはどれも高画質で素晴らしい描写のレンズが多いですね。このZeiss C Sonnar T* 1.5/50は設計そのものは相当古くて、Opton Sonnarと呼ばれる昔のレンズの復刻版です。かのロバート・キャパは1944年のD-dayの時にはすでに使っていたと言われています。巷ではオールドレンズの破綻した描写も人気があって私もいいなぁと思うのですが、Zeiss C Sonnar T* 1.5/50は簡単には破綻しないような描写力があって、それでいて現代レンズとは明らかに違うユルさがあって張り詰めていない感じがします。何よりも被写体の立体感の描写はツァイスのそれでとても気に入っています。

お庭のギルアード。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

去年もお庭の紅葉が綺麗でした。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

ライカMマウントレンズの魅力

カメラに関しては、普段持ち歩いてお気に入りの風景に出会った時、気軽に撮影するために私が使いたいのは「軽いフルサイズ」です。キヤノンさんもニコンさんもソニーさんも最近はミラーレスのフルサイズをどんどん開発して素敵なカメラが増えてきました。ミラーレス一眼はその構造特性上小型化が進んでいますね。レンズに関しては少しサイズが肥大化してきているように感じる昨今、ライカMマウント用のレンズはとてもコンパクトでスナップには最適だと思っています。Zeiss C Sonnar T* 1.5/50はレンジファインダー用のレンズですから被写体に寄れないとか、なんともイマドキではないのですが「写り」は私にとって妙に腑に落ちる優しい描写なんですよね。

おチビちゃんとお月見。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50

レンズは絵筆のように色々あってカタログスペックだけではないところが楽しいな。気持ちでどんどん紡ぐ私にとってレンズの良し悪しは自分との親和性。読むと結構面白い巷のレビューはほどほどに眺める感じです。深堀りするとハマるのが「レンズ沼」。いやしかし嫌いではありません。

家路。 Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50


フォトスタジオ石井のインスタグラムではスタジオ撮影やロケーション撮影の写真、カメラマンの日々のスナップ写真などを毎日ポストしています。ぜひご覧になってみて下さい。

フォトスタジオ石井のInstagram

 

https://www.instagram.com/studio.ishii/


フォトスタジオ石井の新型コロナウイルス対策はこちら


フォトスタジオ石井・石井写真館
札幌市北区屯田8条2丁目9-19
水曜日と木曜日は受付業務(電話受付、ご注文など)はお休みですが、ご予約のお客様の撮影は通常どおりさせて頂いておりますのでぜひご予約下さいね♪
電話 011-776-1070
営業時間(10:00〜18:00)
スタジオトップページ | スタジオ営業案内 | 写真ギャラリー

SNSはこちら♪

Instagram  Facebook  Twitter

 


鷹の目 Carl Zeiss Tessar T* f/2.8 45mm


みなさん、こんにちは!6月に入り札幌は晴れの日が多くなってきましたね。記念撮影のロケーション撮影も新緑の中で毎日楽しく撮影させて頂いてます。さて今日はプライベートで使っているカメラレンズ「Carl Zeiss Tessar T* f/2.8 45mm」のことについて触れてみたいと思います。

Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8

カールツァイス・テッサー、私が普段愛用しているのは45mm F2.8で画角は標準レンズに近いのですが、一般的な標準の単焦点レンズと比べると暗くて被写体にも寄れない「なんともかゆいところに手が届かないレンズ」です。でもこのレンズ、小さくて軽くてよく写ります、実に。APS-Cのミラーレスに着けたなら、マウントアダプターの方が大きく重かったりします。気軽にスナップする常用レンズにしています。

Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8

Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8

誕生日の記念に海でロケーション撮影

ある晴れた昼下がり、子供達と誰もいない海に行きました。風が少し冷たかったけど気持ちのよい午後でした。機材はEOS Kiss Mとテッサーだけ。気持ちよくて砂浜を歩く足取りも軽くなりました。

石狩の海・誕生日の記念写真

Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8(ISO100 Av F4)誕生日の記念写真

砂浜の写真

鷹の目と呼ばれるテッサーのピント面はシャープです。

日常の写真を自然に紡ぎたい

軽くて小さいのでほんとに気軽に撮影することができます。お散歩で写真を写すには最適です。ピント合わせもシビアではないので、一言でいうならカメラが「頑張らなくていいカメラ」に変身しちゃうような気がします。パッと向けてピッと撮っちゃう、パンフォーカス撮影に向いているレンズです。

スタジオの桜

Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8(ISO100 Av F4)

公園の写真

Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8(ISO100 Av F2.8)スタジオの裏の公園

そこにあるものをそのまま写真に

なんて言うことのない日常の風景を見たとおりに紡いだ写真が大好きです。飾らず装うこともなく、そのままをありのままに。

こういう時代でした
こういう風景がありました
こういう気持ちでした

そのままが写真に残って、時を経てみることで自分史を見ることも出来るのかなと思ってみたり、Tessar T* 45mm F2.8は狙わず写す私の写真の向き合い方に寄り添ってくれているようなレンズです。明日はどんな風景に出会えるかな。

札幌の街角

Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8(ISO400 Av F5.6)


フォトスタジオ石井の新型コロナウイルス対策はこちら


フォトスタジオ石井・石井写真館
札幌市北区屯田8条2丁目9-19
水曜日と木曜日は受付業務(電話受付、ご注文など)はお休みですが、ご予約のお客様の撮影は通常どおりさせて頂いておりますのでぜひご予約下さいね♪
電話 011-776-1070
営業時間(10:00〜18:00)
スタジオトップページ | スタジオ営業案内 | 写真ギャラリー

SNSはこちら♪

Instagram  Facebook  Twitter

正直で優しい目・Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2.8


Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2.8

こんにちは。札幌はいよいよ春らしくなってきました。スタジオにはお庭があるのですが、ソメイヨシノを眺めてみたり、冬囲いを外してイングリッシュローズの世話を始めてみたり、雪で壊れてしまった塀を直してみたり、お金じゃなくて手間をかけて楽しめることを探して過ごしています。なんでもないような日常の風景の中には、特別なことがいっぱい宿っていて健気に前向きな草木を眺めていると気持ちが明るくなれるような気がします。

スタジオから見た青空

Zeiss Distagon T* 25mm F2.8

絵を描く人は「今日はどんな絵をどの筆で描こうか」と気持ちを込めて描くのでしょう。私はカメラで何を撮ろうかな。思い立って眺めてはこれで撮りたいってお気に入りのレンズで自由にぱちりって紡ぐのは心地いいです。

スタジオのランプ

Zeiss Distagon T* 25mm F2.8

Zeissのレンズは取り立てて主張することもなくて見たまんま写るような気がします。40年以上前のレンズですが、いまどきのレンズに決して負けない描写。Zeissのレンズはフィルム時代から使っていて本当に好きな描写なのですが、京セラContaxがカメラを作らなくなってから仕事として使うことがなくなってしまいました。

スタジオのドアと西陽

Zeiss Distagon T* 25mm F2.8

スタジオのドア。いつもの風景。ドアの向こうには窓があって西陽が差していました。この風景も変わらず何年も眺めてきました。今日もお日さんが傾いてきて、やがて暮れていきます。寂しい時も楽しい時も嬉しい時も悲しい時も毎日見てきた風景がそのままに写るっていいな。

夕陽の写真

Zeiss Distagon T* 25mm F2.8

ものの見え方はそんなに鮮やかじゃないって、過度に彩られた写真が世の中にはたくさんあるけど作らず飾らずそのまんまの写真が僕はいい。新しいレンズ、古いレンズ、関係なくてそれが叶うなら僕にとっては素敵な道具です。明日は晴れるかな。

スタジオの緑

Zeiss Distagon T* 25mm F2.8

一体どうしたらこういうレンズを作ることができたのだろうか、すごいなぁって、設計者や作り手のもの作りへの気持ちが宿っているようで私は嬉しくなります。

こういうレンズを作る人はどんな思いを持っていて、どんなものの見方をしていたのかな。気持ちが正直でとても優しい人たちなのだろうなぁと思います。

カールツァイス・ディスタゴン25mm/F2.8

綺麗な目

オールドレンズ? いえ、巷のそれとはちょっと違います。最近、またお仕事の撮影でも使い始めています。


フォトスタジオ石井
札幌市北区屯田8条2丁目9-19(水・木定休日)

電話 011-776-1070
営業時間(10:00〜18:00)
スタジオトップページ | スタジオ営業案内 | 写真ギャラリー

SNSはこちら♪

Instagram  Facebook  Twitter