スタジオのお話」カテゴリーアーカイブ

フォトスタジオ石井のあれこれ。「お庭スタジオ」や「ガーデニング情報」を楽しいエピソードを交えてご紹介します♫

気持ちがピヨピヨできる写真スタジオを目指して


先日、スタジオのお庭の手入れをしていた時のこと。サンゴミズキが大きくなってきて花壇を埋め尽くす様になってきたので、もっと広い場所へ移そうとしたら根本の葉の陰になんとセキレイの子ども達がいました。見渡すと親鳥がスタジオの屋根からこちらを心配そうに見ています。カラスやトビに見つからないようにすぐに元に戻して植え換えはヒナ達が巣立ってからにすることにしました。小鳥が子育てができるお庭はたぶん安心できるお庭なのだと思いますのでそっと見守りたいと思います。
ひなの写真

記念写真の撮影でも私は「なりゆき」を見守るのが大好き。ちびっ子が泣いてしまったとき、寝てしまったとき、走り回ったり、ダダをこねたとき、楽しそうに一人遊びを始めたとき、スタジオの撮影者があれこれと介在せず、そっと見守ることで本当に自然な表情や家族写真の情景が写真に刻まれることがたくさんあります。「なりゆき」を見守る…お子様やご家族が安心して笑っていられるスタジオでありたいと思います。

かのんちゃん誕生日記念

今日はかのんちゃんのお誕生日写真。お庭スタジオでの撮影も楽しかったですね。水場でちゃぷちゃぷ、柔らかい自然光でかわいいお誕生日の記念写真がいっぱい撮れました。今年はお庭の草木も順調に育ってくれていて雰囲気がとってもいい写真になります♪ 実はこの水場は昨年自作で作ってみたんです。高さもちびっ子達が楽しく水遊びできるように考えてみたのですが、みんな楽しそうに遊んでくれてとっても嬉しいです。皆様の記念写真が大切な宝物になりますように、かわいくて楽しいスタジオ作りを続けていければと思っています♪


古き良き時代の写真館


先日、札幌駅近くのお店へスタジオ撮影機材とカメラを見に行きました。お目当てはハスキーの三脚とキャノンのEOS1DX。今スタジオで愛用しているカメラは定期的にメンテナンスをしているので調子はいいのですが、部品供給が来年で終了してしまうカメラですのでスタジオの撮影で使うにはだんだん無理が出てくるのですね。そろそろ新調しなくてはならない時期なのですね。ところで、なにげにおもちゃ売り場にも立ち寄ってみたのですが、模型コーナーって実にお面白いですね。細部にこだわりを感じます。資料写真などを用いて夢いっぱいで作られているのが伝わってきます。なんと写真館の模型もあったのですよ!

模型の写真館

古き良き時代の写真館。ノスタルジックで見ていて飽きません。この写真館にはどのようなお客様がどのような想いで足を運んだのでしょうか。写真館の前に手をつないだ家族のフィギュアをちょこんと置いてみたいと思いました。空想の世界ですがとてもワクワクしますね。時代が移りゆくにつれて写真という映像表現も手法は様変わりするのかもしれません。でも子供や家族の記念写真には「演出」や「流行」ではあがなえない「温もり」が刻まれていることが大切だと思うのです。フォトスタジオ石井は2013年で創業74年になりました。1枚1枚丁寧に撮影をして心を込めて細部にこだわって仕上げる、昔からおじいちゃんがやってきた「大切なこと」を続ける写真館でありたいと思う日々です。


お庭スタジオ


6月に入りロケーション写真はお天気が続いて好調に撮影が進んでいます。スタジオのお庭の草花もかわいらしく芽吹き始めました。冬の誕生日に家族からプレゼントでもらったHAWSのジョーロを昨日から使い始めました。HAWSのジョーロの先端は真鍮製で、出てくる水がふんわり優しい感じでお気に入り。使うほどブリキに風合いが出てくるところも楽しみです。
HAWSの写真

今日は昨年植えたクルマバ草がかわいい花を付けているのを見つけました。クレマチスも順調に伸びてくれています。水場のお掃除もしました。ハンドメイドの蛇口からお水もちゃんと出ました。草木の成長は思ったとおりにはいきませんけど、今年もスタジオの風景がかわいい草木に囲まれて自然で素敵な雰囲気になってきました。もう少しでお庭でもロケーション撮影ができそうです。記念写真のスタイルは色々ありますが、手作りのお庭、自然に花が咲いているリトルガーデンで撮影する記念写真もかわいいですね。「お庭スタジオ2013」が仕上がるまでもう少々お待ち下さいね。最初は鉢植え1個から始めたお庭。年を重ねるたびに少しずつ彩りと想い出がふえてきました。今年もセキレイは子育てに来てくれるかな。やってきたら家族で石井写真館自然観察クラブを立ち上げる予定です。

アリッサムもかわいく咲いているよ♪
アリッサムの写真